IR情報

ごあいさつ

 みなさまには、平素から格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 また、新型コロナウイルス感染症により影響を受けられて取締役頭取 齋藤 眞一 いるみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

 地域金融機関を取り巻く経営環境は、人口減少や高齢化など構造的変化がもたらす影響等に併せ、金融緩和政策の長期化や異業種の金融サービス参入による競争激化により厳しさを増しております。
そうした中、地元鹿児島を中心とした地域経済の活性化に取組むことが、当行の継続的な収益の確保に繋がるものと考えており、2017年4月から2020年3月までの3年間、真の「顧客本位の業務運営の確立」と、これに相応しい「企業風土の改革」を目指し、2011年から取組んでいるWIN-WINネット業務を更に深化させることにより中長期的に安定した収益と健全性を確保することを中心施策とする第四次経営強化計画に取組んでまいりました。
 第五次経営強化計画においても、基本的理念は変えず、これまで以上に、多面的かつ安定した金融サービスの提供を通じて、みなさまのご支援にお応えできるように銀行全体で取組んでまいります。
 今後とも『地域に密着し、真に地域の発展に役立つ銀行』を目指してまいりますので、みなさまにおかれましては、一層ご支援、ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

                                  取締役頭取 斎藤 眞一