会社情報

反社会的勢力に対する基本方針

 

反社会的勢力に対する基本方針

南日本銀行は、銀行の持つ社会的責任及び公共的使命の重みを認識し、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対して以下の基本方針を定め、役職員一同これを遵守することにより同勢力との関係遮断に努めてまいります。

   

1.      反社会的勢力に対しては、全国銀行協会・行動憲章並びに当行社内規程に則り、行職員の安全を確保しつつ組織全体で対応し、迅速な問題解決に努めます。

 

2.      反社会的勢力に対しては、銀行単体での取引のみならず、他社(子会社、信販会社等)との提携による金融サービスの提供などの取引を含めた一切の関係を遮断します。

 

3.      反社会的勢力への対応に備え、平素より警察当局及びその他(弁護士、暴力追放運動推進センター等)の外部専門機関との緊密な連携関係を構築することに努めます。

 

4.      反社会的勢力からの不当要求は断固として拒絶し、必要に応じて民事及び刑事の両面から法的対応を行います。

 

5.      反社会的勢力との関係遮断のための業務運営のあり方や対応策を取りまとめたマニュアル等により、行内の教育・研修の充実に努めます。