南日本銀行

サイト内検索

内外資産複合型

国内外の株式・債券・不動産等に分散して投資する商品です。

  • 財産3分法ファンド
    財産3分法ファンド
    「不動産」、「債券」および「株式」の3つの異なる資産に分散投資を行い、高いインカム収益の確保を図るとともに、安定した信託財産の成長を目指します。
  • 世界の財産3分法ファンド
    世界の財産3分法ファンド
    国内外の「不動産」、「債券」および「株式」への投資を行い、 安定した収益の確保と中長期的な信託財産の成長を目指します。
  • スマート・ラップ・ジャパン(1年決算型)
    スマート・ラップ・ジャパン(1年決算型)
    主として、日本の様々な資産(債券、株式、不動産、商品(金などのコモディティ)・その他)を中心に投資し、日本経済の成長に沿った収益の獲得をめざします。市場環境などに応じて効率的な資産配分を行います。
  • 投資のソムリエ
    投資のソムリエ
    国内外の8資産(国内:債券・株式・リート、先進国:株式・リート・為替ヘッジ債券、新興国:株式・債券)に動機的に分散投資することで中長期的に安定した収益獲得を目指します。
  • あおぞら・新グローバル分散ファンド(限定追加型)2023-01 愛称ぜんぞう2301
    あおぞら・新グローバル分散ファンド(限定追加型)2023-01 愛称ぜんぞう2301
    限定追加型ファンド。主要投資対象は、日本を含む世界の株式(新興国の株式を含む)および債券。株式の実質的な組入比率を計画的に段階的に引き上げることで、買付時期の分散を図る。基準価額(支払済分配金(税引前)累計額加算せず)11,500円以上となった場合には、安定的な債券運用に切り替えることを基本とする。ファンドオブファンズ方式で運用。
ページのトップに戻る